ハチの種類

日本には、多くのハチが生息しています。その中には、とても危険な種類が存在しています。そんな危険な種類のハチをここから紹介していくので、一緒に見ていきましょう。

日本にいる危険なハチランキング

駆除
no.1

キイロスズメバチ

キイロスズメバチは、ハチの中でも最も人に被害を与えていると言われています。他にも毒性の強いハチはいますが、他のハチに比べてキイロスズメバチはとても攻撃性が高いのです。また、人の家に巣を作りやすいので、被害者がたくさんでている原因はそこにあります。

no.2

オオスズメバチ

日本に住んでいるハチの中でも最大級のサイズであるオオスズメバチは、キイロスズメバチ同様に高い攻撃性と協力な毒を持っています。また、強力なあごを持っているので、噛まれただけでも怪我をしてしまいます。これだけ危険なオオスズメバチですが、キイロスズメバチに比べて民家に巣を作らない性質があるので、被害が少なくなっています。

no.3

セグロアシナガバチ

アシナガバチの中で、最も被害が報告されているのがこのセグロアシナガバチになります。知らぬ間に巣に近付いてしまい、刺されるという被害が多く報告されています。ですが、スズメバチに比べると毒性が弱いので、刺されても大事に至ることは少ないでしょう。

no.4

ヒメスズメバチ

ヒメスズメバチはスズメバチの中でも、高い毒性を持っていることで知られいます。ですが、性格は比較的温厚で、こちらから何かしない限りは攻撃してこないでしょう。ですが、ハチは基本的に巣を刺激されてしまうと、怒ります。温厚なヒメスズメバチでも怒って攻撃してくるでしょう。そうすると高い毒を体内に入れられる危険があります。

no.5

フタモンアシナガバチ

フタモンアシナガバチは、ヒメスズメバチと同様に性格が温厚です。ですが、毒性は強いので攻撃モードにしないように気を付けなければいけません。家屋の軒下や、生垣などの解放的な空間を好む傾向にあるので、巣を作られても近寄らないようにしましょう。

[PR]
ハチ退治を業者に任せよう
お値段もリーズナブル♪

ハチ退治が必要なハチの種類について詳しく解説

蜂

どこにでもいるミツバチ

スズメバチなどは、山岳地帯や田舎の方で見ることがありますが、都心部などでは全く見かけません。ですが、ミツバチは花がある場所ならどこでもいるというほど、全国各地に生息しています。二ホンミツバチは花の受粉を手助けしているので、益虫といわれていますが、怒らせてしまうと大変です。

蜂

ミツバチの危険性

ミツバチは他のスズメバチなどに比べて多い数で行動します。一つの巣に最大で数万匹もの数が身を寄せ合っています。一匹が持っている毒の量は大したことありませんが、束になって掛かられるとおしまいです。ハチは基本的に一匹が攻撃しだすと仲間も駆けつけて攻撃します。なので、一匹に刺されたら、気付いた時にはハチに囲まれてしまっているでしょう。

蜂の巣

ハチの活動時期

ハチは、嬢王バチが冬眠から目覚める季節から姿をみるようになります。なので、3月~4月頃から活動が始まります。そして、一番活発に働きまわるのは夏と言われています。夏と秋が過ぎた冬になると、嬢王バチは再び冬眠をするので、ハチは姿を消します。家に巣を作り出すのは、夏の手前になるでしょう。この時期に作れてしまうと、冬まで居座り続けるので、退治した方が安全です。

ハチに刺された方の悲痛な声

ハチ

腕が相当腫れました

種類は忘れましたが、アシナガバチのどれかに刺されました。刺された瞬間はあまり痛みを感じなかったけど、徐々に痛みが出てきて病院へ行きました。到着する頃には、皮膚がパンパンになるほど膨れていました。これが毒の強いスズメバチだったらと考えるとどうなっていたことやら。ハチにはなるべく近寄らないようにした方がいいです。